平塚単身引っ越し

平塚で単身引っ越しといえばココに頼むべし

今年、単身での引っ越しの必要があったので、いくつかの引っ越し業者さんに一斉見積もりをとったり個々にお電話をし見積もりを取ったうえで、ハトのマークの引越センターさんでお世話になりました。

ちらの一番良かったところは単身パックでの特別価格取り扱いがあったことです。他社さんは見積もりをとったうちのどこもすべてがどんなに荷物の少ない単身引っ越しだとしても、トラックを使うために10万円はかかってしまったり、荷物が少ないために最低金額の荷物量にとどかず、損をする価格となっていました。

 

ハトのマークの引越センターでは小鳩パックという単身のお引越し専用の価格設定がありましたので、トラックを出す必要もなく、大変お手頃に引っ越しできました。距離と価格としましては、長野県諏訪市から神奈川県平塚市まで、2万1千円でした。

 

参考:引っ越し格安

 

お見積もりは最初に最寄りセンターへの電話で行いましたが、見積もり時から追加料金はかからず安心でした。私はしなかったのですが、積み込み、うけとりの到着時刻を指定したり、土日祝日にかぶると各追加5千円、などと料金がかかってくるようです。

 

小鳩パックはいわゆるカゴを1つ貸し出し頂く形で、あとは他の運送会社さんのトラックに預かってもらい、運んでいただきます。私は家具はほとんどなく、小さめの食器棚がひとつ、あとは布団と段ボール箱がメインでしたが、何の問題もなく積み込み出来ました。あらかじめかごの大きさは伺っていましたが、実際に積んでみると計算上よりも積むことができたので、予定外のものも積み込んでいただけました。積み込み作業に携わってくれたお兄さんもとても感じがよかったです。

 

到着時も問題はありませんでした。部屋の中まで荷物をはこんでくれましたし、運ぶために私がとっていた棚の取っ手も、運び込んでからつけて帰ってくれました。さいしょかた最後までスタッフさんの対応(電話対応含め)が良く安心できたのもよかったです。

見積りは一発勝負

神奈川県平塚市から京都市南区への引っ越しで77,600円でした。まだ子供は生まれていなかったので、夫婦2人だけの荷物とあって、荷物は少ないと言われました。

 

見積りは3社コンタクトを取り、1日に時間差で3社来てもらうというスタイルです。時間も引っ越し業者さんに選んでもらいました。

 

1社目の営業さんは、真っ先に順番を選ばれた方です。一通り家財道具を見て、メーカーも確認されました。我が家には特殊な家具があり、引っ越し屋さんとしては保証の面でやりづらいそうですが、きちんと対応すると言われました。テレビも大きく、重いタイプですので、「これも引っ越し屋泣かせですわ」と苦笑いしていらっいました。また、平日と休日で大きな料金差が出るので、休日に引っ越しできるかも問われました。関西人の夫は、もちろん有休を取って安く上げます。

 

家財チェックが終わり、交渉開始です。営業さんはなぜか主人でなく私に「どれ位だったら、うちでやってもらえます?どれ位ご希望ですか?」と聞かれました。どれ位と言っても千円、二千円で出来るものではないし、素人の私は逆にどれだけかかるのかを知りたかったので、「最低いくらかかるのですか?最低ラインを教えて下さい。その金額に納得すれば即決します。」と答えました。

 

私としてはお互いに無駄を省いた方が良いので、ストレートに聞いたのですが、主人はかなり引いたそうです。「関西でもそれほどの直球はない」とのことで、主人から見ると、営業への気遣いゼロ、むしろ営業イジメに見えたそうです。私の事を怖いと言っていました。あとからそれを聞いたので、とても申し訳ない気持ちになりました。

 

そしてドライバーさんの人件費、トラックの費用等、事細かに必要経費を説明され、最終必要金額が77,600円でした。思ったより安かったので主人も納得し、即決しました。

 

引っ越し当日、特殊な家具にはとても気を遣って頂き、重いテレビも大人数で運びあげてもらい、不満は何1つなく引っ越し出来ました。アルバイトと思われる方も愛想が良く親切で、必ず「ここで良いですか」と声をかけて下さいました。何事も手早く、気遣いも完璧でした。住宅密集地ですので、どうしてもご近所さんに迷惑がかかります。しかし常時ご近所さんの様子を伺い、車が通る時には頭を下げたり、お声掛けもされていたので、安心して家の中の作業が出来ました。

 

出典:引っ越し見積もりシュミレーション

このページの先頭へ戻る